あの女(ひと)の器

セクシュアリティとか、ジェンダーとか

Q&A 性自認は女ですが女らしく出来ません

Q.質問というか、相談です…

私自身の話になってしまうのですが、性自認は女、しかし女の子らしい服装を着るというただそれだけの行為がすごい嫌悪感。

アイデンティティの問題だとは思うんですけど、こういうのはなんと言うんでしょう?
不足した情報ありましたら、教えてください。
 
A.性別違和や、トランスの過程で自分のアイデンティティと自分の振る舞いがうまくフィットしないということはよくあること。性自認が女性でも、もし、女性らしくすることに抵抗感があるなら、無理に女性らしくする必要はないのではないでしょうか。
 
ひばりんです。
 
性別違和があまりにひどかったり、とにかく性的なものが嫌いだとか、性別の役割(いわゆる「らしさ」みたいなもの)が苦手だとか、女装するとオカマっぽくなってしまうからそれが嫌だとか、自信がないのを自分で誤魔化しているとか、様々な理由が考えられます。あと、服装に限った話なのか、服装も含め全般的に言って女性らしくすることが嫌なのか、どこまでが良くて、どこまでが苦手でしょうか。
「女だけど女らしくしたくない」というのは、一般の女性にもあることです。
 
中性的な恰好をして、Twitterでは性別の開放をうたったり、病理概念であるGIDを批判したり、つまり「制度」に反抗しているある当事者の子がいました。
しかし、数年後、その子はちゃんとメイクをして、女っぽくなっていました。(ああ、出来なかっただけで、内心は女らしくしたかったのかな?)なんて思いました。
 
またある別の子は、GIDである前にいわゆる発達障害でした。コミュニケーションのあり方が人と違いました。背格好も大きく、性別を変えて社会に適合するなど到底無理に見えました。ところが、数年後、その子は別人になりました。
何が人を変えてしまうのか判らないものです。
性別違和を訴える人の中には、本当は性別違和ではなく、環境に適合するために性別を変えるという手段を選んでいる人も一定数います。かといって、その人がトランスすべきでないかどうかは誰にも判りません。
 
性別違和や、トランスの過程で自分のアイデンティティと自分の振る舞いがうまくフィットしないということはよくあることで、それ自体は珍しいことではありません。
それは人それぞれ様々な理由から起こり、様々な形をとってその人の行動や思考パターンに現れるものです。
 
性自認が女性だとしても、もし、女性らしくすることに抵抗感があるなら、無理に女性らしくする必要はないのではないでしょうか。
人は出来ない事に様々な理由を探し辻褄を合わせるものです。それも成長の過程においては大事なことで、そうしないと人は自分を責め続け、心が壊れてしまうでしょう。
しかし、だから、自分が本当に望んでいることに自分で気付くことは非常に難しいことですね。
今の自分の様子からすぐに自分はこうだと結論を出さないようにしましょう。とりあえず、分からないことは分からないままでいいです。
自分が本当はどうしたいのか知る必要があります。でも、それにはゆっくり時間をかけましょう。
 
 ※セクシュアリティやトランスの質問、悩みを受け付けます。Twitterなど通じて、お気軽にお尋ね下さい。